2×4注文住宅・アパート・リホーム お客様の夢を形にする夢住まい

お問合せ 0120-304-536

夢住まいはネット・ゼロ エネルギーハウス支援事業(ZEH)に登録しています。

ZEHってご存知ですか?

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH  (ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

その ZEH  (ゼッチ)について、詳しくご紹介いたします。

※HEMSとは「home energy management system」の略です。

 家庭における電力の消費と発電・蓄電設備をリアルタイムで統合的に管理し、快適さを保ちつつ節電を行う設備。

※日射遮蔽とは、窓から侵入する日射を遮ること。 日射は窓ガラスを透過して室内に入り込み、室内へ侵入した日射によって、

 室内の壁や床の表面温度は上昇し、室内気温も上昇する。 室内の温熱環境を快適にするためには、夏期には遮熱タイプのガラスを用いるなどして、窓から侵入する日射を遮るこ

  とで、室内気温を上昇させないようにする。

※蓄電池とは、太陽光パネルで発電した電気を貯めることができます。ZEH住宅と合わせると、さらに補助金を受けることができます。

※高効率給湯器とは、エコ給湯やエネファームのことを言います。

 エコ給湯とは、外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」という技術を使った電気給湯器

 エネファームとは、ガスで発電し、その熱でお湯をつくる装置

※ZEH補助金は地域区分・建物規模によらず全国一律。寒冷地特別強化外皮仕様の場合補助金額は異なります。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのこと。

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。

政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

政府目標

住宅については2020年までに ZEH  (ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を

標準的な新築住宅とすることを目指す。

2030年までに新築住宅の平均で ZEH  (ゼッチ)の実現を目指す。

※エネルギー基本計

ZEHは補助金が受けられます。

新しく家を建てる多くの方が ZEH  ゼッチ  の仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組※1のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。

これからのお住まいのスタンダードをおトクに叶えられるチャンスです。

 

※1 経済産業省「 ZEH  ゼッチ  ロードマップ検討委員会とりまとめ」より。

※2 平成28年度(2016年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス( ZEH  ゼッチ  )支援事業」の補助金です。

※3 上限50万円、または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額。

ZEH普及に向けた国のロードマップ

ZEH(ゼッチ)の家を建てるには?

ポイント

省エネ

うちで消費する電力を減らす為に、HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を取付ましょう。

ポイント

断熱性

断熱性能を向上して、エネルギーロスを最小限とする住宅を建てましょう。(夏は涼しく、冬暖かい住宅)

ポイント

創エネ

家で消費するより多くのエネルギーを創るために、たっぷり太陽光発電でしっかり発電しましょう。

畜エネ

総エネした電力を貯めて発電時間以外にも使えるよう蓄電池の利用が望ましい、とされています。

経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より

※冷暖房設備、換気設備、照明設備、給湯設備、のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出。

夢住まいは、実績値でエネルギー収支がゼロを目指します。

●実は国が定めるZEHゼッチの計算式には家電の消費が含まれていません。

カタログ請求 お問合せ